第7回「行列のできる塗り替え相談室」

第7回「行列のできる塗り替え相談室」

【大塚さん】

待ちに待ったこの月一回のコーナーですが、大町さん忘れてたみたいです。

【大町】

申し訳ございません。何時もと違う時間の放送

【大塚さん】

丸々1時間ズレてますから。

【大町】

申し訳ございません。

【大塚さん】

こちらからお電話させて頂きまして、何してるのかな。どうしてるのかな。

【大町】

申し訳ございません

【大塚さん】

おじさんも反省していますから

【大塚さん】

先日実家の近くで、塗装工事ですね足場があってアミが張っていたのでちょっと怖いなて感じだったんですけど、そこがすごいなと思ったのが、看板に会社名があって作業員のお名前が貼り付けてあって裏の看板にはちゃんと何時から何時にこの作業をします、そしてこの時間には終わりますよっていうお知らせがあったんですね。

これは良い会社なんじゃないかって思ったんですけど、どう思います?

【大町】

それはいいですね。

【大塚さん】

良い会社?

【大町】

早速うちでもマネしたいと思います。その看板っていうのは宣伝のシートのようなものではなくて?

【大塚さん】

もうランチメニューを書いてあるかのような、三角のホワイトボードだったんですけど、裏も表も見えるように三角で。

【大町】

あーなるほどなるほど。ブラックボードとかそういったあれですよね。立てかけているような。

【大塚さん】

そうですね。立てかけてある三角の。だからどちら側から来ても見られるようになってるんですね。

【大町】

なるほど。近所の人もその方が安心ですよね。

【大塚さん】

安心ですね。だからパッと見た時に足場立っててグレーの網がかかってて怖いなって思ったり。作業員の方が汚れててちょっと怖そうだなって思うんですけど、ちゃんとどこの誰っていうのが分かるようになっていて、隣近所の人も安心だし、宣伝にもなるし、私も安心でした。

【大町】

それは、うちの会社はまだってませんでしたので、それはさっそっくパクりたいと思います。

【大塚さん】

パクりますか?

【大町】

はい。TTP

ってやつですね。TTPってわかりますか?

【大塚さん】

分からないです。

【大町】

徹底的にパクるっていう僕らの業界用語なんです。

【大塚さん】

TTPこれは勉強していいやつかな(笑)

【大町】

やるならとことんっていう。

まあでもどこの会社もそうなんですよ。

例えばあのうちの会社の、ごみを拾ってる姿を見て、ほかの会社も始めたんですね。それを見てうれしいですよね。塗装業界がどんどんそういう風に、無い頭を絞ってですね、よりお客様の喜んでもらえるようにっていうその気持ち、もちろんうちもまだまだですんで、早速いい情報をありがとうございます。

【大塚さん】

いえいえ。なんかね、安心感があるんですよね。作業している方ってどうしても日に焼けているせいもあって、怖い印象があるんですけれど、あの顔の人は誰だろうって見る事が出来るし、会社名も分かるしもちろん電話番号も分かるので何て親切な会社だろうって思って、これは大町さんに言おうって思って温めておいたんです。

【大町】

どんどんどんどんうちもこれからも成長していきたいんで、いいなあーって思う事、又悪いなって思う事があったら教えて下さい。僕もどんどん勉強していきたいと思っております。

【大塚さん】

なんかねー今まで塗装の事なんてそんな周りでやっていても見ることもあまりなかったんですけど、塗り具合ってどんな感じなんでろうかって素人ながらも言われたように見れているとは思わないけど、何にも知らなかった時よりはお家の事を見たりとか、自分のお家の壁を塗ってくれた塗装会社さんはいい会社さんだったんだなとか、考えるようになりましたよ。

【大町】

良い事だと思います。私知らんからとか、分からんからあんたらに任せるしかないねんって聞いて普通は良し頑張ろうって気持ちになるのですが、中にはそうでない悪徳な訪問販売の会社が多い地域なので、やっぱりその言葉は軽々しく言うのではなくて皆様が大変ですが少しづつでも学んでいければ変な会社に被害にあわれる方は減るんじゃないかな?って。この番組をやってる主旨ですので。

【大塚さん】

そうですよね。その心、気持ち一つで温かみのある会社なんだな~って伝わったりするんでね。

素敵な事だな~って思ったんです。

【大町】

まだまだですが、ドンドン頑張っていきますんで宜しくお願いいたします。

【大塚さん】

今日はですね。いつもと違って沢山質問を頂いていますので、大町さんに質問に答えてもらおうかと思っております。

では早速なんですが、ドラミちゃんという方からいただいております。

「いつも楽しく聞かせてもらっています。大町社長に質問です。最近近所で塗り替えされているのを見るのですが、塗装はどれくらい長持ちするのですか?」と頂いておりますが。

【大町】

お~なかなかの質問ですね。まずですね、下地によるんですよ。何年も使って言うのは塗料の性能にもよりますし、下地によるっていうのは、ちょっと例えが悪いかもしれませんが、例えば赤ちゃんのお肌に、女性の方はお化粧されると思うんですけど、お化粧したらどれくらい持つのかっていうのと、新築って赤ちゃんなんですね。10年くらいは何もなかったよって方と、痛んでから同じような塗装をして同じように10年持つのかって言うと、実はそうではなくて、傷みを直してから塗装すると10年持ったりするんですよ。何事も、下地とか、料理で言ったら下味とか出汁とかですね、そういう基礎になる部分をいかにするかによるんですよ。ただ一般的にはですね、今はシリコンという塗料がブームになってきていますんで、フッ素とかもあるんですけど、シリコンっていうので大体8年、長いので15年近く持つものもあります。それでですね、ウレタンとかいろいろあるんですが、フッ素っていうのも流行ってるんですよ。ただ、うちの会社では、フッ素はもうやめました。

 

【大塚さん】

どうしてですか?

 

【大町】

実はフッ素というものを初めて可威圧して商品にしたのが、アメリカのデュポンという会社なんですよ。その会社がフライパンにテフロン加工という焦げの付きにくいフライパンというものを一世風靡でしたんですが。

 

【大塚さん】

家も使ってます。

 

【大町】

あっそうですか。あれあんまり使わない方が今いいんですね。

 

【大塚さん】

ええ~

 

【大町】

実はフッ素は痛んだら発がん性物質になることが分かりました。

 

【大塚さん】

痛むっていうのはめくれてるっていう事ですか?

 

【大町】

めくれてるとか、あのめくれって自分ではっきりわかるんですけども、素材がちょっと取れてきた、状態だとわかん無いんですよ。

それでデュポンという開発した会社が、撤退しました、フッ素の業界から。

 

【大塚さん】

こわっ

 

【大町】

そうなんですよ。

まあ食べるものなんでフッ素というものは良く無いって言い方をよくするんですが、うちの会社ではですね、元々アスベストの含まれているカラーベスト。そういうスレートの屋根なんですが、あれはもう当たり前やったんですよ、法律上も問題なかったんですよ。

ただ体に悪いってわかった時点でうちの会社は販売を辞めたんですよ。

それによって数年たった時に販売停止になったんですよ。今度は法律で禁止になったんでやめたんですね。

フッ素が禁止になるかどうかはまだ分かりません。ただなる可能性はあります。

 

【大塚さん】

そのアスベストのものはもうどこにも出回ってはないんですよね?

 

【大町】

じつはそうでもないんですよ。車のブレーキに使われている物はほとんどがアスベストなんですよ。まだあるんですよ。使ってる場所が。

 

【大塚さん】

へー知らなかった。

 

【大町】

だから解体する時のガラス繊維みたいなのが肺の中に入って、それで体を悪くしてとか、色々あるんですけどフッ素にも同じように言える素材は含まれています。

 

【大塚さん】

へー

【大町】

ある一定期間で傷んだ後ですね家の周りが発がん性物質がついてるんだとしたら私は嫌なので

【大塚さん】、

あー怖い

【大町】

ですから、お客さんにフッ素を求めてこられるお客様もおられるんですが。うちから遭えて説明して提案はしないですが、どうしてもと言われたら悪いとこを説明しますけども。販売は出来ます。

【大塚さん】

へー

【大町】

基本的には僕はフッ素は…フッ素しか扱っていないメーカーも有るぐらいなので、絶対にダメでは無いのですが.僕の会社ジェイエスシーが元々住宅性能調査。建物その物を調査して使う商材も全部吟味したうえで僕の中でフッ素が引っかかるので。だからフッ素を販売しないようにしています。

【大塚さん】

あーそうなんだ。

【大町】

又。高いですしね。フッ素て太陽の光には長持ちするんですよ。ただ問題は固いんですよだから揺れたら割れるんですよ

【大塚さん】

それはダメですね。

【大町】

そうなんですよ。考えるとシリコンは弾力性が有って、価格も安いんですよ。そして長持ちもする製品ガ有るのす。そして今は屋根と壁を同時にされるかたが多いんですよ。僕は。屋根に最高峰の物を使って壁をワンランク落とすんですよ、これは屋根が太陽の熱とか色々酸性雨もあって傷みやすいんですよね

【大塚さん】

ふーん

【大町】

屋根は1.5倍早く痛むと結う解釈で見てますんで。1.5ばい長持ちする材料を屋根に使って壁は」屋根より少し良く無い材料を使って、良く無いて結えば語弊がありますが次の塗り替え時期が一緒になるんですよ。フッ素を壁に使ってしまうとフッ素を超えるような物が無いんですよ。だから屋根に塗る塗料で1.5倍長持ちがする塗料が無いんですよそのような理由で中は壁は」シリコン・屋根はフッ素クラスの耐久性ガ有るがいなやアドグリーンが良く売れています・朴井は

【大塚さん】

説明して下さって、もちろんお客様もその説明を納得されますよね。それでいやいやと結うのはなかなかね?

【大町】

そうですね、有りがたい事に口コミが建築士さんとか技能士さんとかその様なプロの方々が紹介をどんどんくれているんですよそれって僕たちにとっても誇りでプロから選ばれるプロになるのが一つの目標でもありましたので。非常に有りがたいなと思っています

【大塚さん】

とゆうような事だそうです。ドラミちゃんいかがだったでしょうか解って頂いたと思いますが。

【大町】

ややこしい説明済みませんでした。

【大塚さん】

いやいや良く解ると思います又,解らなかったら質問していけば良い事だから。

【大町】

そうですね、あの~電話をかけるのをちゅうちょしておられる方も多いと思いますが、フリーダイヤルに掛けてもらったらもしも私が会社出ていたも必ず折り返します。結構連絡されてこられるお客様も多いんですよ。 

【大塚さん】

あそうなんですね、

【大町】

如何なんて何でも気楽に聞いていい人と思っているお客様もおおいんですよ。ラジオお聞きの方も遠慮しないで聞いていただけばいいので、逆に誰かの役に立てる事が嬉しいんですよ。

【大塚さん】

応えるぐらいは気楽に答えてくれるですよね。

【大町】

タダですよ・タダですよ。

【大塚さん】

タダだそうですよ。続いてなんですが、ポンタさん。大町さん大塚さんおはようございます。私の家は、角地で特別安くしてくれるとゆう事で半額で工事をしてもらいました。所が周りの人に聞いたら」200万は高すぎると言われてしまいました、30坪の2階建ての家なのですが、相場はいくらぐらいなのですか。

【大町】

これ半額で200万円てゆう事ですか。

【大塚さん】

半額で200万て事は高・・・半額でも高いわ。

【大町】

実際にですね、壁だけならソコソコ良い物を使っても100万ぐらいですね。後、目地が有ったりサイディングとかALC下地が大変とか防水工事をやったり、屋根を一緒にするとか

セットでなんぼて言われると分からなくなるんですが、それ全部最高峰の物でやったとしても30坪の2階建て書いてるんで150万はしないんじゃないでしょうか

【大塚さん】

そうなんですね。どうしてそれで200万で半額て

【大町】

またこれ(えって思う方も多いでしょうが、そてれって高いのて、なかにわ思っていない人も多いかもしれません。

高いですよ、

【大塚さん】

高いな~

【赤井大町】

ポンタさん少しショックでしょうが高いです。

【大塚さん】

家によって劣化の仕方も違いますね。この方が角地でもあるんですが

【大町】

特別に安くする口実がおそらく訪問販売だと思いますね。

【大塚さん】

こわ~ゆってtた訪問販売ですね

【大町】

ありますよ。それの問い合わせが一番多いです

【大塚さん】

どうしましょうかね、無くならないですか」

【大町】

勉強会毎月やっているので、まずそれを聞いてほしいなと思いますね。ちなみに宣伝してもいいですか。

【大塚さん】

良いですよ

【大町】かtあ

10月23日今回和月曜日です。10月23日にラポール枚方で毎度毎度ラポール枚方で無料ですから朝ですね。違いました昼です

【大塚さん】

ちゃんとして下さい。

【大町】

すみませんお昼の14時から開始なので、その15分前から」は入れますので、

【大塚さん】

声がかすれてるんで飲んでたんじゃないんですか。

【大町】

あのこれ僕出身が嫌わないで下さいよ和泉市と結うところで、ダンジリ祭りの直後です。

【大塚さん】

あダンジリか

【大町】

そうです(そりゃ~)て言ってきました。

【大塚さん】

良いんですか働かないで

【大町】

はい、スタッフのみんなにはかなりの迷惑を掛けているですよ。

【大塚さん】

でしょうね。

【大町】

又、今日から頑張ります。

【大塚さん】

岸和田の人はその日に向けて生きてるようなもんで。

【大町】

知ってました。岸和田のカレンダーは1月スタートじゃなく9月スタートですからね。

【大塚さん】

噂で聞いたんですけど、募金しなくてはいけないんですよね。

【大町】

そうです正直10万は毎月、イヤイヤ毎年です

【大塚さん】

毎年ね、私にもほしいは。

【大町】

僕参加できなくなります。

【大塚さん】

凄い額になりますよね。

【大町】

チョット古くなった部分を変えるとなると、100万単位でお金が動くんですよ。

【大塚さん】

私の娘には、岸和田の男とは結婚するなてゆうとくね。

【大町】

はいゆうといてください。

【大塚さん】

お金かかるよ

【大町】

はい大変です。命がけでやってます。

【大塚さん】

酒やけではなくって、だんじりでよいしょよいしょ言ってそうゆう事なんですね。

【大町】

はい、のど飴いっぱい舐めてここまで戻しました。

【大塚さん】

そうゆう事だそうです。そして、スゴロス様からお手紙頂いてます。工事中のお茶菓子な(ビール・お茶・コーヒーなら何が喜んでもらえますか。

【大町】

お~と。あの~ビールはまずダメですよ。あの~昔10代のですね、元々だいくからスタートした時ですね、お昼はビール飲んでました。タダ16歳でビール飲んで良かったんです。良い訳ではないですが、良いやん良いやん言われて良いですよね。タダ足場に上って

事故が多かったんです、切り傷してもなかなか血が止まらないですし。

【大塚さん】

でしょうね。

【大町】

ビールで血行良くなってますから。

【大塚さん】

そんな時代があるんだね。

【大町】

今は、ビールアルコール類は絶対ダメです。

【大塚さん】

ダメです。

【大町】

お茶・コーヒー何でも喜びます。何でも喜ぶんですが、出さなくても仕事の手を抜くことはないです。

【大塚さん】

そうなんですね。

【大町】

コーヒーはコーヒー茶碗にちゃんと入れてきてくれる方ガいるんですが。

【大塚さん】

コーヒーはいりましたよ~

【大町】

そうです、気持ちは大変うれしいですが、仕事の切り此処までしゅてから休憩しようと思ってる事が有るんですよ。その時に気を使って

下りて来るんですよ。出来たらですねコーヒー茶碗に入れてもらわない方がいいんですよ。缶とかペットボトルの方が良いんですよ

スーパーとか安いやつを置いて頂ければ嬉しいです。

【大塚さん】

分かりました。そうゆう事だそうですスゴロスさん色々と質問聞いていましたけれども。そろそろお時間となって参りました

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはコチラから

contact_bnr contact_bnr Contact