行列の出来る塗り替え相談室 FMひらかた

【行列の出来る塗り替え相談室】 というどこかで聞いた事のある名前の(笑)

ラジオ放送が4月よりFMひらかたで放送されます。

パーソナリティーの大塚明子さんと一緒に私、大町武司が番組を盛り上げます!

出来るかな?(笑)

毎月、第二水曜日の午前10時30分からの放送です。

皆様からの塗装に関するお悩み、素朴な疑問何でも構いませんのでメールかFAXを下さいね(^^)/

アドレスはmail@kiku-fm779.com FAXの方は072-843-8686です。皆様からのメッセージお待ちしておりま~す。

といきなりラジオのパーソナリティーぶってみました(笑)

それではいつも通りのブログに戻ります。

この放送は弊社が『失敗しない為の外壁塗装勉強会』を行っていますが、そもそも本来の目的は急増する訪問販売による悪質な工事を寝屋川市、枚方市、交野市から排除したいという想いからの発展です。

 

無料で勉強会をするうちに北河内の皆様が悪質な塗装業者の見極め方や最低限の知識、見積書のチェックすべき項目等を知っていただいて、この北河内地区では悪質な業者が商売出来ないようにしたい!と考えてきました。

しかし枚方市だけで17万世帯以上で40万人以上、寝屋川市でも10万世帯以上で23万人以上、交野市で3万世帯以上の7万8000人以上で3つの市を合わせると30万世帯で70万人を超えます。

勉強会で使用させてもらっているラポール枚方では約20人づつくらいの勉強会・・・。

単純計算で35000回も勉強会をする必要があります(+_+)

それでは本来の目的の悪徳業者が商売出来ない街になるのは夢のまた夢です。

実現に近づける為に私達はラジオ放送の公共の電波で発信していく事にしました!!

結構勇気のいる決断です(;’∀’)

毎月第二水曜日、午前10時30分からは『行列の出来る塗り替え相談室』を是非お聞きください。

収録スタジオは枚方市駅中央出口にあるサテライトスタジオです。

沢山の人が行き交う場所にあるので今から緊張しております(笑)

こんな場所です。

ところでFMひらかたって皆知ってるんですかね???

まぁ~これを機会に聞いて下されば地域貢献にも繋がると思いますので(^◇^)

 

本日は『行列の出来る塗り替え相談室』のご紹介でした。

さて本業の塗装工事の現場管理をしに出発します!!

 

そしてもう一つ宣伝させていただきます。

次回の『失敗しない為の外壁塗装勉強会』は5月3日(祝)

ラポール枚方 2階集会室で13時45分開場、14時スタート 15時30分終了の予定です。

皆様、定員がありますので早めのご予約お待ちしております☺

 

 

 

塗装ボランティアと外壁塗装勉強会

㈱ジェイエスシーの森井です。

本日は大阪府豊中市の豊中第八中学校で3月16日・奈良県大和郡山市の片桐幼稚園で3月18日に行った塗装ボランティア活動と3月19日に大阪府枚方市のラポールひらかたで開催した「失敗しない為の外壁塗装勉強会」について書いていきたいと思います。

 

まずは3月16日豊中市第八中学校で行った塗装ボランティアです。

夢実現、僕は今回が初ボランティア・初塗装でした。

社長と一緒にブロックポールの中塗りと上塗りをしていったのですが、これがなかなか難しく、うまくいきません。

そんな時にふと隣を見ると社長の仕事の早いこと!

「実」を塗っている間に「夢」を終わらせ他の仕事を手伝いに行っていました💦

「夢」に使用されているブロックポールの数は当然多くて大変です(+_+)

社長の手助けを借りつつ何とか塗装作業をやり終え記念撮影‼

初めてで何もわからない僕でしたが塗り方や養生、刷毛の洗い方や片づけ方などいろいろ教わりいい経験をさせて頂きました!

ありがとうございました。

無償で誰かの為に服をドロドロにしながら汗をかくのは気持ちが良いものです(^^)/

 

次は3月18日、奈良県の大和郡山市の片桐幼稚園で行ったボランティアです。

まずは終了後の集合写真!

えっ僕ですか?

もちろん撮影者です(笑)

この日はなんと社長の高校生の息子さんが初めてボランティア参加してくれました‼

僕もボランティアと塗装は二回目ではありますが、ここは社会人として、先輩として

教えてあげないとと思っておりました...

ところが、塗装はじめてにもかかわらず僕よりうまく塗っているのです💦

社長の遺伝子を受け継いでいるからか、僕は隣で始終冷や汗でした(笑)

遊具の塗装完了写真です!

社長や息子さん、僕(その他塗魂ペインターズのみんな)も塗装した藤棚と

息子さんの写真です。

キレイに塗装できました。

今回は上塗りをさせてもらい、いい経験になりました。

片付けまで終了後の全員での会議風景と園長先生のお話の写真です。

みなさん一日お疲れ様でした!

またありがとうございました。

 

そして、3月19日の「失敗しない為の外壁塗装勉強会」です。

勉強会も今回で第56回となりました。

今回は、急遽来れなかった人もいて5人のみとアットホームな感じで開催させていただきました。

これは、勉強会のメインである塗料の見分け方を伝授している写真です。

たった2つのポイントを知っていればよい塗料は簡単に見分けられることをご存知ですか?

今回来られたお客様にもしっかりと良い塗料を見分けられるようになってもらいました!

さらに何年持つのか?の見極め方もご教授させていただきました。

残念ながらこの場ではお教えすることが出来ませんので興味なる方はぜひ勉強会にいらしてください。

これまたこの勉強会の醍醐味!

進化系塗料の体験コーナーです。

目で見て、触ってみて体感できる興味深い内容になっています。

このように勉強会では外壁塗装で失敗しないための情報を紹介しております。

安心出来る塗装工事をお考えの方は一度お越しください。

勉強会は予約制となっております。

満員になるとお断りすることもございますので、お早めにお願いいたします。

 

 

擁壁塗装の下地処理

このように擁壁にヒビが入っているお宅が沢山あります。

このヒビ割れの原因は地震や地盤沈下等様々です。

私は住宅性能評価士でもありますので、塗り替え以外の相談も多々あります。

一応言っておきますが家を建てる事も出来ますのでほとんどの要望にはお答えできます。

出来ない工事は道路舗装工事と道路の下のガス管等の入れ替え工事です。

本日は普通の塗装店ではしないであろう工事をご紹介いたします。

 

写真のような擁壁の補修工事です。

まずはケレン、清掃工事です。

カワスキというお好み焼きのヘラのような道具で周りのエフロレッセン(白華現象)や取れかけのコンクリートを取り除きます。

次に座金の取り付けです。

クイック(名前の通り早く固まる種類)の剥離シールをベットリと付けてヒビに沿って貼り付けていきます。

大きすぎるヒビ割れの中には少しコーキングを入れこみエポキシ樹脂の通り道を作ります。

ヒビ割れに沿って剥離シールを打っていきます。

これはこれから入れるエポキシ樹脂が漏れてこない為にヒビ割れ全てを蓋するようにしていきます。

エポキシ樹脂を入れたシリンダーを取り付けていきます。

ゴムの力でゆっくりと入れる事により奥まで入り込んでいきます。

こんな工事をしているのは弊社では当たり前ですが他社様ではあまり見かけません(;^_^A

何度もエポキシ樹脂を入れ替えては又取り付ける。

自然に入りきらなくなるまで繰り返します。

そして!入ってるのか入ってないのか?

が分からなくなれば初日の現場作業はお終いです。

後は翌日に入りきらなかったエポキシ樹脂がシリンダーに残っているのを確認してから

シリンダーを取り除きます。

奥までしっかり入ったのを確認したら座金と剥離シールを取り除きます。

さて次はユニエポプライマーの刷毛塗りです。

しっかりと塗り込みます。

そして暫しの乾かし待ち。

そこからはKモルタルの充填を行います。

コテの使い方で左官屋さんに褒められた事がある。

少々自慢でした(笑)

奥に空洞が絶対に無い!そんな自信が持てる所まで塗り込みます。

最後は厚みを取って仕上げます。

小さなヒビはUカットをします。

コーキングの寿命は薄く付けたら一瞬で劣化します。

ですから最低1㎤の厚みが必要になります。

その為のUカットです。

たまにVカットを提案している業者もいてるようですがUカットにした方が良いです。

なぜならばVの先端は細いのでコーキングが劣化しやすいからです。

Uならば先端に丸みがありますのでコーキングが劣化しにくいのです。

Uカットした後もしっかり掃除します。

プライマーを塗布します。

シーリングを充填します。

先程のようにユニエポプライマーを塗布します。

ここにKモルタルを充填します。

 

以上が塗装する前の下地処理でした。

弊社は下地が痛んでいるお宅には色々な工法でしっかりとした下地を作ります。

『塗料の持ち年数で最も大切な事は下地です』これは日本ペイント様からの言葉です。

下地処理をしっかりしない会社の見積もりよりは高くなるかも知れませんがジェイエスシーは

手抜き工事は大嫌いですので適正価格より少し安く工事は自社施工で1級品、使う塗料はお客様のお宅に最適なプラン、お手頃プラン等複数出させて頂いております。

北河内地域の住宅を守るお仕事は株式会社ジェイエスシーに是非お任せ下さい(^^)/

お問い合わせはコチラから

contact_bnr contact_bnr Contact