塗り替え後の美しさが、ずっと続く。

美壁革命

 

こんにちは、いつも塗装現場レポートをご覧いただき誠にありがとうございます。

寝屋川市・枚方市・交野市の外壁塗装専門店 株式会社ジェイエスシー 北川です

今回は表題にあります「美壁革命アステック社の「超低汚染リファイン1000Si-IR」についてご紹介いたします。

超低汚染リファイン1000Si-IR

「美壁」に求められるあらゆる機能を備えた革命的塗料。
アステック社独自の技術で、細かな汚染物質も付着しにくい緻密な塗膜を形成し、塗りたての美しさを保ちます。

超低汚染性

外壁の汚れ度合いの違いの秘密は、実は外壁表面の塗膜の「緻密性」にあるのです

一般的な塗料は、塗膜の緻密性が低く樹脂の間に汚れが入り込みやすく汚れが付きやすいのが難点でした。
超低汚染リファインシリーズは緻密で強靭な塗膜を形成するため、粒子の細かい汚染物質さえも突き刺さりにくく、長期に渡って美観を維持します。

無機成分とは?

無機成分とは紫外線によって分解されない性質を持つ物質です。

無機成分が主成分であるガラスには隙間が無く、緻密であるために汚れが表面についても簡単に洗い流すことができます。

超低汚染リファインシリーズが汚れにくいのはガラスが汚れにくいのと同じ原理で、無機成分を配合することで塗膜が緻密になり、汚れが付着しにくく、仮に汚れが付着したとしてもガラスのように簡単に洗い落とすことができるのです。

無機成分が持つ極めて優れた親水性(水がなじみやすい性質)により、塗膜に汚れが付着しても、塗膜と汚れの間に雨水が入り込み、汚れを洗い流します。

 

各種試験でも超低汚染リファインシリーズの「美壁」の効果が発揮されています

 

高耐候性

塗膜の最大の劣化要因である紫外線に対し強い耐性を発揮。

促進耐候性試験(キセノンランプ式)において、
MF-IRは約20~24年(期待耐用年数)、
Si-IRは約15~18年(期待耐用年数)が経過しても
光沢保持率80%以上を保持することが実証されています。

※あくまで試験環境下にもとづく推測値であり、耐候性を保証するものではありません。
実際の自然暴露環境下では、下地の状態、施工方法、気象条件により耐候性は異なる場合があります。

高耐候性の秘密:塗料樹脂の劣化因子であるラジカルの発生を抑制する顔料を使用

一般塗料の白色顔料「酸化チタン」は、紫外線の影響を受けると塗料樹脂の劣化因子「ラジカル」を発生し、周囲の樹脂を破壊、劣化させてしまいます。
超低汚染リファインMF-IRはこのラジカルによる樹脂の劣化を抑えるシールド層を有する高耐候型白色顔料を使用。
これにより劣化の進行を抑えることができます。

遮熱保持性でさらなる効果

【弊社施工事例】

 

 

 

 

 

 

 

 

色の種類も豊富にあり、理想の住まいを形にします。

 

猛暑に最適!電気代20%削減!即効性ある省エネ・節電対策塗料!!

こんにちは、いつも塗装現場レポートをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

寝屋川市・枚方市・交野市の外壁塗装専門店 株式会社ジェイエスシー 北川です

 

今回は【夏涼しく、冬暖かい】そんなわがままを叶えてくれるアドグリーンコートという塗料をご紹介いたします。

 

アドグリーンコートは半導体の封止材等、精密機器(テレビ・携帯・カメラ等)の熱対策に用いられる世界最高峰の素材、真球ナノ・ファインセラミックスを建材塗料に応用して作られました。

真球ナノ・ファインセラミックスはアドマファインと言って、大きさはおよそ0.1~0.5ミクロン(2万分の1ミリという微細粒子)で、たばこの煙とほぼ同じ大きさです。

たばこの煙に大きさがあったのかとそこに驚かされました笑

 

ナノサイズのセラミックの真球は、太陽光の近赤外線の効果的な「反射」と「放熱」のWブラインド効果で、塗装した建物外皮を外気温と同温程度に推移させ、”熱だまり”を起こしません。

つまり、放熱にこだわって作られた‘冷めやすい‘塗料ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷めやすいということは冬場寒くなるんじゃないの?と思われた方もいることでしょう

ご安心ください、アドグリーンコートは外気温と同じ温度でいようとするので、冬場の外気温が2度であれば2度でいようとします。

冬場のカラーベスト屋根は表面が凍り付くほど冷たくなるので0度以下になります、アドグリーンコートはそれを防ぐので室内が寒くなることはなく、むしろ暖かくなります。

しかし、エアコンやストーブが必要無いというわけではありません。

夏冬ともにエアコンの温度設定を軽減でき、 飛躍的な省エネ. 効果を実現し電力発電時のCO2排出量を大幅にカットします。

設定温度が2度変われば最大削減効果は約20%といわれています。

【塗装後の屋上を裸足で歩いて効果を実感】

 

 

 

 

外気温と塗った面の温度差はわずか0・8度しか違いがありません。

 

 

【美観性と防汚性に優れた塗膜】

特殊セラミックスを原料としているため、塗膜は薄く滑らかで汚れがつきにくく、耐久性に優れています。

【真に環境に配慮した遮熱塗料】

シンガポールでグリーンラベル、中国で環境ラベル、台湾でグリーンマークを取得するなど、環境塗料として世界でも広く認められています。日本国内でもエコマークやカーボンオフセット制度など、公的機関における様々な実証・認定を受けた、安心・安全な水系遮熱塗料です。

【弊社施工事例写真】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【施工費】

いくら良い塗料でも高額すぎたらそもそもお客様に選んでいただけないと思います。

某大手ハウスメーカー様のHPには、建坪30坪の屋根にアドグリーンコートを塗った場合、足場代込みで95万円~と書かれていました、足場代が15万円だとするとアドグリーンコート代は80万円ということになります。

同じ屋根を弊社がアドグリーンコートで塗装した場合40万円前後で塗装することが可能です。

【自社施工で、無駄な経費を削減!】

大手のハウスメーカー様や大規模な塗装業者様は、多数の案件を抱え、同時進行で進めるため、施工作業を外注している業者がほとんどです。
そのために、無駄な外注費用や手間代がかかり、お客様の負担が大きくなります。

ジェイエスシーでは、現地調査から施工完了までの塗装作業を自社の職人で行います。 (ほんの一部の作業は古い付き合いの協力業者が行う場合もあります) 中間マージンが発生しないので、本来必要な材料費と人件費のみの適正価格で、施工費用を安く抑えることができます!

業界で一番安くしようとは思っておりません。まず大事な事は長持ちし、安心して住んで頂けるように仕上げさせていただく事ですから。

【茨木市のK様邸に屋根塗装をしに行ってきました!】

屋根材の劣化が予想される場合、そのまま塗装してしまうとカラーベストの重なり部分の隙間を塞いでしまい雨漏りの原因を作ってしまいます。

そのため縁切り作業をしてから、タスペーサーの取り付けを行い隙間を確保する工事が重要になります。

【タスペーサー取り付け】

 

 

 

 

 

 

 

 

タスペーサーを取り付けた後、下塗りを行います。

今回はアドグリーンコートを使用するので、専用の下塗り材であるアドパーミエイトを塗っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

中塗り、上塗りを行い仕上げていきます。

【中塗り】

中塗りと上塗りはアドグリーンコートを塗っていきます。

アドグリーンコート遮熱だけでなく排熱も同時に行うことができる塗料なので、室内温度の上昇を抑える効果が期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

【上塗り】

 

 

 

 

 

 

【完成しました♪】

 

 

 

 

 

 

 

 

寝屋川、枚方、交野市の外壁・屋根塗装は㈱ジェイエスシーにおまかせください♪

 

屋根・外壁の高圧洗浄に行ってきました!

こんにちは、いつも塗装現場レポートをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

寝屋川市・枚方市・交野市の外壁塗装専門店 株式会社ジェイエスシー 北川です

 

先日3月17日(木)枚方市東香里のK様邸に屋根・外壁の高圧洗浄に行ってきました!

 

まずは屋根から洗っていきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根・外壁の塗装をする前には、必ず高圧洗浄で長年蓄積された汚れを洗い流すのですが、注意が必要です!

 

家庭用(電気式)の微力な洗浄機ではなく、プロ用(ガソリンエンジン式)の強力な高圧洗浄機を使用し短時間で洗い流します

 

屋根の次は壁の洗浄です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に1階の外周をキレイにしていきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上で高圧洗浄が完了しました♪

 

 

屋根塗装の計測に行ってきました

寝屋川市のT様邸に外壁・屋根塗装の計測に行ってきました!

 

屋根の計測は、実際に屋根に登って行わずドローンを使って安全に行います。

 

これなら屋根から落ちる心配もないし、何より屋根を割ってしまう心配がありません!!

 

赤外線カメラも搭載しているので雨漏りのチェックも万全です

ドローン撮影

ドローン赤外線撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

残念なことに、屋根に登って屋根を割ってしまってもそのことを言わない業者も存在します。

 

屋根に直接登らせることは絶対にやめてください!

お問い合わせはコチラから

contact_bnr contact_bnr Contact