外壁塗装

wallpaint

外壁塗装の必要性

外壁塗装は必要なの?見た目が古くても、問題なく住めているし…塗装ってしなおす必要性はあるの?」そんな疑問にお答えします。

実は、外壁塗装をしないまま、10年、15年…とそのままにしていると、住宅にとっては、最悪な事態を招いてしまいます。そうならない為に、外壁塗装の必要性を分かりやすくお伝えします!

  • Point1外壁や建物の維持管理のため

    建物維持

    紫外線を浴びすぎた外壁はひび割れの劣化が起こりやすくなります。その為、塗装でお家の表面を保護をすることで、建物の劣化を防ぎます。

    また、温暖化の影響により、紫外線量は増加していく一方です。日本工業規格(JIS規格)の、長持ち検査は促進耐候性試験は光沢保持率が80%を切るまでの時間で検査しています。

    光沢が低下する要因は紫外線が最も大きく関係します。そして、日本には四季があります。雨や雪、寒暖差など、気候の状態によっても劣化の進行は変わってきます。

  • Point2美観を維持(向上)させるため

    景観維持

    「見た目(=美観)」は、建物を維持するためにも必要な要素です。

    「新築の頃に比べて最近だいぶ年期が入ってきたな」と感じることありませんか?新築時の色で塗り直しや、外壁のカラーリングを変えることで違った印象を与えることができますし、模様付けすることも可能です。

    最近の新築でよく見られるツートーンカラーは従来のツートーンカラーと大きく違うところがあります。昔は下が濃くて、上が薄いツートーンカラーが基本でした。

    しかし、現在では、縦割りツートーンカラーがほとんどで、樋の色も外壁に合わせています。

    おかしくない程度で現在のカラーリングを取り入れることにより、築年数そのものを新しく見せることも可能です。また、カラーコーディネーターは内装の知識が豊富ですが、外装の知識は乏しい事が多いです。

    外装は、塗り替えをしないタイル部分やアルミサッシ部分とのバランスを考慮する必要があります。また、近隣との景観も配慮する必要があります。

    ハナコレマイスター(日本ペイント)の資格は上記を考慮し、アドバイスする資格です。

    • ・お子様の成長や、特に女性は結婚する時期に合わせて、デザイン・提案している
    • ・色の力(与える印象)を提案している
    • ・ライフスタイルに合わせた提案

    そこは、“塗装屋さん”に相談しながら、ご家族で選んでいただけます。

  • Point3補修費用を抑えるため

    塗装費用を抑える

    経年の劣化で外壁の表面にヒビが入ったり、塗膜(塗料)がめくれたりします。

    外壁のヒビ割れなどをそのままにしてしまうと、本来は塗装だけで十分だったにもかかわらず、雨が浸入することで、中の柱などの躯体が劣化してしまうと、柱などの工事を行う必要性が出てきます。

    こうなったら余計な費用や工事が必要になります。状態にもよりますが、大工工事などが必要になったら、外壁に関わるリフォーム費用が2倍以上必要になる事もあるため、工事費を安く抑えたいのなら定期的な塗装をおこなうことをおすすめします。

    また、水分を含んだ柱や梁などを放置すれば、シロアリの被害やカビなどによる健康被害を引き起こす可能性があります。

  • Point4雨漏りを防ぐため

    雨漏り対策

    塗装工事をすることで、雨漏りを防ぐ効果はあります。

    ただ、塗装工事や防水工事で雨漏りが止まる可能性は、約5%と極めて低いです。

    雨漏りは、築年数による建築基準法が現在の法律に合わなかったり、工事の品質や商品によって起こる事が多いです。

    雨漏りは、建物の構造や爆弾低気圧や温暖化の影響による雨風の吹き方や降り方の変化によるもの。また、建物のデザイン上無くなった庇(ひさし)なども影響します。

    雨漏りは家の病気です。人間の場合は、レントゲンやMRIなどの検査を行い、原因を特定し、手術や治療を行います。建物も一緒で、雨漏り調査が重要になります。

    雨漏り調査とは、散水調査、赤外線調査、電圧調査などの検査で原因を特定する必要があります。この検査をせずに、感覚だけで雨漏り修理をする業者に注意した方が良いです。

    もし、今もその疑いがある場合は、早急に専門業者に見てもらいましょう。

    ※塗装と防水工事で雨漏りが止まるケースもあります。

     

    »雨漏りかな?と思ったら、雨もり119

塗装工事が要らない
住宅もあるの?︎

  • タイル

    タイルの外壁

    素材が頑丈なため、塗装が不要で長持ちさせやすいです。

  • レンガ

    レンガの外壁

    カビが生えにくく紫外線にも強い耐久性があるため塗装は不要です。

  • 樹脂系サイディング

    樹脂系サイディング

    素材自体に色を塗り込んでいるため、色があせることなく再塗装が不要です。

日本の住まいに使用されている外壁材は、ほとんどが定期的な塗装が必要となっています。

ただし、タイル・レンガ・樹脂系サイディングも塗装以外の補修・修繕工事は必要としています。

※樹脂系サイディングは部分的には塗装が必要な場合がほとんどです。たとえば、樋、庇、雨戸、破風板、鼻隠し、シャッター、シャッターボックス、水切り金物などは塗装が必要です。

 
 

MESSAGE外壁塗装を検討している方へ

外壁塗装を検討している方へメッセージ

はじめましてジェイエスシーの大町です。

 

ジェイエスシーの塗装工事はこだわりが強くあります。シンプルにお伝えすれば【地域一番店】【大切な事は10年後の満足感】です。

弊社で塗装工事をされた家は10年経っても綺麗で何も問題がなく堂々と地域に存在している。
これを目指しています。

 

その為に具体的には【将来雨漏りする可能性の高い部分の保護工事】、【塗料と道具と熟練の技術と昭和から令和現在の塗装に関わる知識】、また【お客様に対する優しさ】そして【10年後も通用するデザイン塗装】、【長期保証と長期メンテナンス】が大事です。そして【地域密着で薄利多売、自社職人による塗装で低価格化】

 

課題は多くありますが負けず嫌いで挑戦し続けています。
技術では国家試験の検定員もしていますので誰にも負けません。
是非、相見積もりの中にジェイエスシーを加えてご検討ください。

 

お客様の為に全力でご奉仕いたします。

 

株式会社ジェイエスシー